火曜(子どもとの接し方)
第48週(子どもの気持ちになってみよう)

 

「親が変われば世界が変わる」メルマガを発行しているCCC HUMANです。
火曜日は子どもとの接し方をテーマにしています。  
 
今日は、子どもの気持ちになってみよう、です。
 
先週の金曜日のコミュトレで「使う人をイメージする」ということを書きました。
使う人、ユーザの気持ちになって考えてみるということはとても大事です。
 
それは大人でも大事なのですが、
本当にユーザの気持ちになれていますか。
 
ユーザの気持ちになるということは、
その人の年齢や立場を考えて、
そのユーザならどんなものが欲しいのかを真剣に考えることです。
 
こうすることで、技術者が作りたいものではなく、
ユーザーが欲しいものを作ることができます。
 
そして、それは親にも言えます。
子どもの気持ちになれているでしょうか。
 
叱ってしまうのは仕方がないことではありますが、
今言った言葉は子どもの気持ちになったときに
やる気がでるものか考えてみましょう。
「早く宿題をしなさい」
「早く寝なさい」
「なんでもっとやっておかないの」
「毎日同じこと言わせないで」
 
ついついこんな言葉がけをしてしまいますよね。

⇒これより先はメルマガで

※ブログではメルマガの前半部分のみ記載しています。
 全文は是非メルマガをご登録ください。

このブログの人気の投稿

月曜(親の勉強)
第27回(大学ランキング2020)

月曜(親の勉強)
第25回(増えた留学生はどこに行った?)

木曜(親子の会話ネタ)
第38回(建国記念の日)