月曜(親の勉強)
第53週(各国の憲法改正数)
1周年記念公開キャンペーン

 

※今週は1周年記念で公開キャンペーンです。
※ブログではメルマガの前半部分のみを記載していますが、
 現在は無料公開期間として全文を公開しています。
 メルマガの登録はこちら

「親が変われば世界が変わる」メルマガを発行しているCCC HUMANです。
本日は月曜日の『親の勉強』です。  
 
CCC HUMANのメルマガも2年目に突入しました。
引き続きよろしくお願いいたします。
 
本日は憲法について書きます。
 
日本では憲法改正というとどういても頭に浮かぶのは
第2章の第9条の所謂「戦争放棄」というところです。
 
学校で必ず習うところですね。
安倍政権時代は改憲として、今すでに自衛隊があるので、
その実態に合わせようというものが焦点でした。
 
しかしながら、憲法は第9条だけではありません。
その他にもいろいろと規定されています。
 
そもそも日本国憲法は終戦後にGHQに憲法を作るように言われ、
GHQに見せるも「従来と変わっていない!」と拒否されました。
 
そして、当時のマッカーサーが10日後までに草案を作るよう
自分の配下の人間に命令したのです。
 
その命令を受けた人は憲法の専門家ではなく、
いろんな国の憲法の気に入った条文をつなぎ合わせて作り、
それが今の日本国憲法のもとになっています。
 
その日本国憲法は最近の日経新聞のニュースで、
現存する憲法としては最高齢の「74歳」になったそうです。
 
<記事>日経新聞 74歳〉日本、非改正の最高齢に
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71566050S1A500C2M10900/
 
かなりの長寿ですね。
さて、では他の国ではどれくらい憲法を変えているのでしょうか。
下にグラフを作成してみました。
 
 
主要国を載せていますが、
同じ敗戦国のドイツは終戦後に65回も変えています。
 
特にドイツは2006年の連邦制度改革において、
ドイツの16の各州に権限を持たせ、
それぞれの州が競争し切磋琢磨していくようにしました。
 
一方で日本は憲法第8章「地方自治体」の第92条には、
『地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、
 及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。』
とあります。
 
つまり、地方自治体は財産を管理し、事務処理をする団体で、
法律の中からは動けないということです。
 
国からお金をもらって管理する以外は、新しい法律を作ったり、
新しいことを行うことはできないんですね。
 
例えば、地方で自動運転を許可する法律を作って、
そこに車産業を呼び込もうとしても
国に許しをもらわない限りは動けないということです。
これでは、なかなか地方発展は難しいのではないでしょうか。
 
どのような憲法がいいかは考える必要がありますが、
少なくとも日本は世界一の長寿となる憲法であり、
他国は時代に合わせて改変しているという認識は
持っておいてた方が良いでしょう。
 
是非、ゼロベースでどのような国であるべきか、
子どもと一緒に考えてみてはいかがでしょうか。
 
<参考>
日本国憲法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=321CONSTITUTION
「我が国の歴史を振り返る」(62)  「日本国憲法」の制定経緯
http://j-strategy.com/series/hm1/4901
衆議院憲法審査会事務局 「日本国憲法の制定過程」に関する資料
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/shukenshi090.pdf
諸外国における戦後の憲法改正【第 7 版】
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11629116_po_1133.pdf?contentNo=1&alternativeNo=
改訂版「ドイツの地方自治」
http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201111/1-6.pdf
<参考書>
著:大前研一
タイトル:君は憲法第8章を読んだか

このブログの人気の投稿

水曜日はフィードバックの日(メルマガ限定)

土曜日:振り返り

木曜(親子の会話ネタ)
第46週(忠犬ハチ公の日)