火曜(子どもとの接し方)
第50週(無条件で信じる勇気を持つ)

 

※今週で無料キャンペーンは終了となります。
※来週からはブログには一部のみの記載で、全文マメルマガのみになります。
 メルマガの登録はこちら

「親が変われば世界が変わる」メルマガを発行しているCCC HUMANです。
火曜日は子どもとの接し方をテーマにしています。  
 
今日は、無条件で信じる勇気を持つ、です。
 
子どもにはいろいろと期待してしまいます。
こんな子になってほしい。
こんなことができるようになってほしい。
 
それはごくごく普通のことです。
しかし、なかなか上手くいかないもので、
あれもできていない、
これもできていない。
そう思ってしまうこともあるでしょう。

なぜなら人は悪いところに目が行くようになっています。
そんな時についつい
「なんで、できないの」という言葉がけをしてしまいますが、
これはよくありません。
子どもの自信を失わせる言葉です。
 
では、どうしたらよいか。
それはいつかできるようになると信じることです。
 
それは10歳かもしれないし、15歳かもしれないし、
20歳になってからかもしれないし、
子どもをもって初めて気づくことかもしれません。
 
つまり、「この子は一人でやっていける」と無条件で信じることです。
それはとても勇気のいることかもしれませんが、
その勇気を持ってください。
 
ポイントとしては、
親と子どもは一人の人間として違うことを理解してあげることです。

あなたの期待通りに育つわけではなく、
あなたが好きなものを好きとは限らず、
あなたができることができるとは限りません。
 
逆に言えば、
あなたが期待していないことができ、
あなたが嫌いなものが好きであり、
あなたができないことができるようになるかもしれません。
 
親とは違う生き方をしていくのです。
親はそのサポートに徹することが大事でしょう。
 
メルマガでよく言っていますが、
子どもをよく観察し、
自分の期待とは違っていても、
できていること着目し
「頑張ってるね」と声をかけてあげてください。
 
それが子どもの自信を生み一人で生き行く力となります。

このブログの人気の投稿

月曜(親の勉強)
第27回(大学ランキング2020)

月曜(親の勉強)
第34回(デンマークの教育ICTの取り組み)

月曜(親の勉強)
第25回(増えた留学生はどこに行った?)